SEO対策ツール一覧

SEO対策の調査を効率化

SEO対策を行う場合は、そのサイトを見に来てくれるユーザーニーズの調査が必要になります。
ユーザーはどのようなことが知りたいのか(ニーズ・興味の把握)、ユーザーが興味関心を持っていることに対して、どこまで回答となるコンテンツを用意できているか、競合サイトが提供していて自社が提供していない情報はないか、サイトの表示速度は十分に早いか・・・など、SEO対策を行うための調査には手間と時間が掛かります。

そこで、手間のかかるSEO対策の調査を効率化する各種SEO対策ツールをご紹介いたします。
無料で使えるツールを中心に、弊社で提供しております有料ツールも記載しております。
これらのSEOツールを活用し、SEO対策の効率化にお役立てください。

SEO対策ができているかチェックするSEO対策ツール

・コンテンツSEOチェックツール「高評価」

GMOソリューションパートナー株式会社が提供している、コンテンツSEOチェックツール「高評価」。
こちらは各ページ単位の、指定キーワードでの"SEO対策度合い"をチェックする無料のツールです。URLと対策したいキーワードを入力すると主要7項目から総合得点を算出し、コンテンツの評価を行います。

7項目とはタイトルタグ、metaタグなどの基本情報や、ページが示す主題と想定できるキーワード。文字数や単語数などで多角的にコンテンツをチェックしています。キーワードの出現率や、見出しに使用している文字情報、ALT情報(画像の説明文として使用している文字)、外部のリンクなどを一覧化してくれるため、コンテンツのSEO対策状況が可視化できます。これによってSEO対策が目論見通り実施できているか、コンテンツ修正をするべき箇所がわかりやすくなります。コンテンツSEOを行っているならぜひ使っていただきたいツールです。

高評価
https://ko-hyo-ka.com/

コンテンツSEOチェックツール「高評価」のツールイメージ

SEO対策前後の順位変化を継続チェックするSEO対策ツール

・検索結果順位計測ツール「F-Station」(エフステーション)

「F-Station」(エフステーション)のツールイメージ

弊社GMOソリューションパートナー株式会社が提供している、順位計測およびサイト状況の確認ツールです。
「F-Station」の主な機能は順位計測となります。毎日自動で順位データを取得して、そのデータを蓄積。期間を指定して順位変動をグラフで見ることもできます。

順位はYahooとGoogleの順位を取得しており、前日比や過去の最高順位なども確認できます。順位データはCSVでダウンロードできます。今後も複数の機能アップデート計画があり、さらに使いやすくなる予定です。

こちらは有料のツールとなっております。ご興味のある方は弊社までお気軽にお問い合わせください。

F-Station お問い合わせ
https://gmo-sol.tayori.com/form/6ad68d7dedb5621e042fd147b7e4747e093dc305

・検索順位チェックツール「GRC」(ジーアールシー)

有限会社シェルウェアが提供している、順位計測ツールです。
無償でも利用できますが、無償利用には項目に制限があるようです。ライセンスを発行して有料で利用することで制限が減っていきます。基本のベーシックライセンスでは対象URLが5つまでで、アルティメットライセンスでは無制限としています。

検索順位チェックツールGRC
https://seopro.jp/grc/

SEO対策キーワードを調査するSEO対策ツール

・Google広告「キーワードプランナー」

Google広告(旧Google Adwords)を出稿する際にキーワードの検索ボリューム等を調査するためのツール「キーワードプランナー」です。特定のキーワードに対するユーザーの想定検索数を調査することができますので、SEO対策でのキーワード調査にも使用されています。Google検索における月間検索ボリュームが分かるため、ニーズの多さや競合の多さなどから、SEO対策の難易度が測れます。

過去には無料で全機能を使用できましたが、現在はGoogle広告に出稿をしていないと月間検索ボリュームの数値が詳細まで確認することができません。しかし、おおよその数値でも参考になるため広告を出稿していない方にも人気のツールです。

Google広告「キーワードプランナー」はGoogle広告の管理画面から使用できます。

Google広告
https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/

キーワードプランナーのツールイメージ

自社のSEOに適したキーワードを把握するSEO対策ツール

・Googleサーチコンソール(グーグルサーチコンソール)

Googleサーチコンソールのツールイメージ

SEO対策を行う上で必ず使用したいツールの一つが「Googleサーチコンソール」です。「Googleサーチコンソール」は、Google検索結果でのサイトの掲載順位を確認、管理、改善するのに役立つGoogleの無料ツールです。このツールに登録されていなくても、他のウェブサイトからのリンクをたどって検索が可能となりますが、素早くGoogleにサイトが更新されたことを通知し、検索結果に反映したい場合には、このツールを使用している場合としていない場合では大きな差がでてしまいます。

各ページのGoogle検索エンジンへのURLの通知、登録(インデックス)状況、管理しているページの検索結果からのクリック数、クリック率、検索結果への平均掲載順位、検索されているクエリ(ユーザーがどんなキーワードで自社のサイトを探しているか、サイトに訪れたか)などが分かります。また、自社サイトのサイトマップ(自社サイト内の重要なページへのリンク先が記載されているページやXMLページ)の送信や、ページで何かエラーが起きていないかの把握ツール、不要な(検索結果上に残したくないページの)URLの削除申請の管理画面など、ウェブサイトのメンテナンスを行う際に役立つ機能もあり、ホームぺージの管理や、SEO対策を効率よく行うために必須のツールです。

「Googleサーチコンソール」は無料でご利用いただけます。

Googleサーチコンソール
https://search.google.com/search-console/about

SEOによる自然検索流入量を把握するSEO対策ツール

・Googleアナリティクス(グーグルアナリティクス)

「Googleアナリティクス」はGoogleが提供する高機能な、ホームページへのアクセス状況解析ツールです。サイト利用者(ユーザー)のアクセス量やページ移動経路行動が詳しくわかります。どのサイトから来たのか、サイト訪問者数、サイト滞在時間、どこの地域からのアクセスか、ユーザーは何の端末を利用しているか(PC・スマホ・タブレット)、どのページが何回見られたのか、どのページが何のキーワードで検索されているかなどが分かります。このようなデータはホームぺージの来訪者を増やす対策を行うための貴重なユーザーの傾向データとして、ホームページ分析に使えますのでウェブサイトを運営しているならぜひ導入したいツールです。

「Googleアナリティクス」は無料でご利用いただけます。
※「アナリティクス 360」という大企業向けの有料版もあります。

Googleアナリティクス(グーグルアナリティクス)
https://marketingplatform.google.com/about/analytics/

SEO評価に影響するページ表示速度を把握するSEO対策ツール

・Google PageSpeed Insights(グーグルページスピードインサイト)

「Google PageSpeed Insights(グーグルページスピードインサイト)」は、モバイルサイトやPCサイトの実際のホームぺージ表示の体感速度パフォーマンスに関するレポートと、そのページのどこが遅い原因なのかといった、改善方法を確認できるGoogleが提供している無料ツールです。

サイトにアクセスしURLを入力するだけでモバイルとパソコンでの表示速度をチェックし、問題があった場合には具体的な改善方法を表示してくれます。

Googleはスピードアップデートというモバイル検索において、ページの読み込み速度をランキング要素に使用するアルゴリズムアップデートを実施しました。こちらはそのスピードアップデート対策に使えるツールになります。

ページスピード(ページ表示速度)はSEO的には大きな影響がないとも言われますが、ページスピードが遅いとユーザーの滞在時間低下を招き、直帰率が高くなります。そのような状況を避けるためにも、こちらのツールを利用し、ページスピードの向上を目指しましょう。

Google PageSpeed Insights(グーグルページスピードインサイト)
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=JA

ページスピードインサイトのツールイメージ

検索結果表示形式に影響する、構造化データにミスがないか確認するSEO対策ツール

リッチリザルトテストツール

https://search.google.com/test/rich-results

リッチリザルトテストツールは、対象ページに設定されている構造化データのコーディングが正しく記述されているかどうかを確認できる無料SEOツールで、Googleが提供しているSEOツールのひとつです。

構造化データの記述方法については、こちらのGoogle検索デベロッパーガイドで詳しく解説されています。

https://developers.google.com/search/docs/data-types/breadcrumb?hl=ja

なお、記述できる構造化データとして代表的なものは以下が紹介されています。

  • パンくずリスト
  • カルーセル
  • コース(英語教室など)
  • イベント
  • FAQ
  • ハウツー
  • 求人情報
  • ローカルビジネス
  • 製品情報(プロダクト)
  • ファクトチェック
  • Q&A
  • レシピ
  • レビュースニペット
  • サイトリンク検索ボックス
  • ソフトウェアアプリ
  • 定期購入とペイウォールコンテンツ(一部有料コンテンツ)
  • 動画

自社のウェブサイト上で、これらのコンテンツを提供できる場合は、こうした施策を行っていないサイトと比べて、こうした構造化データに対応している検索結果で他社よりも目立ち、検索利用者に関心をもってもらえる場合があります。積極的に活用していきましょう。

The W3C Markup Validation Service(ダブリュースリーシー マークアップヴァリデーションサービス)

https://validator.w3.org/

HTMLの仕様など、ウェブのさまざまな技術的な仕様・ルールを策定している団体、W3Cが提供している、マークアップのエラーをチェックすることができる無料SEOツールです。

タグの使用方法のミスや構文のミス、コーディングのミスや古くなってしまったために使用できなくなったコードなど、細かいチェックを行うことができます。

SEOでは、コードの記述ミスがページ内にあることでも、ページの内容の信頼度に関わってきてしまいます。こうしたSEOツールを活用して、ミスのないコード記述を心がけることで、信頼性の高いページをつくりましょう。

・構造化データテストツール

構造化データテストツールは、検索エンジンにページの内容を正しく認識させるために使われる構造化マークアップが検索エンジン側で正しく読み取れているかを確認するためのツールです。例えばホームぺージ内に記載があるテキストの中で、会社名を記載したときに「これは会社名です」とその箇所を構造化タグでマークすることで、検索エンジンがこれを読み込んだ時に、このテキストは会社名として読めばいいと意味を持たせることができ、効率よく検索エンジンに情報を伝えることができます。

この構造化マークアップを使用すると検索結果にリッチリザルト(通常の検索結果とは異なる。FAQや会社情報、採用情報などの目立つ表示)を表示させることができるため、クリック率の向上が見込めます。(但し、必ず表示されることは保証されておりません。)

構造化マークアップは「schema.org」という記述方法を使用します。「schema.org」の記述が正しくなければ、検索エンジンに認識されないため、設定の前には記述したソースコードの検証が必要です。

構造化マークアップの検証にはGoogleが提供している無料ツール「構造化データテストツール」を使用します。作成した構造化データのソースコードを入力し、実行ボタンを押すとエラーの有無が確認でき、エラーが存在する場合には修正箇所を確認できます。

※リッチリザルトとは…視覚的な機能や操作機能が追加されたGoogleの検索結果。リッチリザルトには、画像や商品レビュー、価格、イベントスケジュールなど、より多くの要素を含めることができます。
例えば「肉じゃが レシピ」と検索したとき、通常のタイトル(青色リンク)とスニペット(説明文)の他に、料理画像や調理時間、カロリーなどが表示されます。これがリッチリザルトです。過去には「リッチスニペット」「リッチカード」とも呼ばれておりましたが「リッチリザルト」に名称が統一されました。

構造化データテストツール
https://search.google.com/structured-data/testing-tool?hl=ja

スマホ(モバイル)・パソコンのユーザーが見やすい状態か確認するSEO対策ツール

・モバイルフレンドリーテスト

GoogleはPC用サイトではなくモバイルサイト(スマホサイト)を評価の基準にすると公式な見解を示しており、それを「モバイルファーストインデックス」と名付けております。 このツール「モバイルフレンドリーテスト」では、自分のウェブサイトがモバイルフレンドリーなサイト(モバイル、スマホで快適に見れるサイト)としてGoogleが識別しているかどうかを確認できます。モバイルフレンドリーテストのサイトにアクセスし、URLを入力するだけでそのページがモバイルフレンドリー対応なのかを分析してくれます。 もし「ページがモバイル フレンドリーではありません」と評価された場合にも、どこが問題なのかのおおよその指摘をしてくれるため、修正に活用できます。

モバイルフレンドリーテストツール
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/?hl=ja

LightHouse(ライトハウス)

・LightHouse(ライトハウス)

Googleが提供しているLightHouse(ライトハウス)は、ChromeWebストアで入手することができるChrome拡張機能です。現在開いているウェブアプリ(ウェブページ)のパフォーマンス、品質、正確性を向上させるためのオープンソースのツールです。アクセシビリティ、べストプラクティス、SEOの3つの観点でチェックをしてくれます。このツールを実行して得られるフィードバックをもとに改善を行います。

LightHouse(ライトハウス)ChromeWebストア
https://chrome.google.com/webstore/detail/lighthouse/blipmdconlkpinefehnmjammfjpmpbjk?hl=ja

SEO対策ツール まとめ

・SEO対策ツールの活用

SEO対策に活用できるツールは用途ごとに、高機能な有料ツールから無料のツールまで存在しております。

はじめは全て使用してみて、課題となる場所の把握をして、改善に取り組みましょう。

ぜひ活用して、SEO対策の効率アップや品質アップにお役立てください。

・SEO対策を自社内で実施することが難しい場合

SEO対策を自社内で実施することが難しい場合は、SEO事業者にに依頼することも選択肢の一つです。

自社で一から研究を行うことなく、比較的短期間で最適な対策を行うことができます。

GMOソリューションパートナー株式会社でも、SEOサービスFind-Aを提供しておりますので、ぜひお問合せください。

▼SEOのご相談 お問合せフォーム
https://gmo-sol.tayori.com/form/6ad68d7dedb5621e042fd147b7e4747e093dc305