コンテンツSEOとは・
コンテンツSEOの解説と事例

コンテンツSEOとは何か

・コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは、SEO対策の種類の一つです。ユーザーの検索ニーズを満たすコンテンツを作ることで、検索からのホームページ訪問数(検索流入)を増やします。サイト内に検索ユーザーが関心を持つ、役立つ情報を用意します。価格や見た目の写真、入手方法、連絡先、サポート内容、雰囲気などがわかる情報の掲載は重要です。

ただし、対策は一度コンテンツとして掲載して終わりではありません。検索ニーズは常に変化していくものであり、一度作成したコンテンツが検索ユーザーの希望と合わなくなっていくことや、アルゴリズムが変更になり、順位が変動することもありえます。そのため、定期的に検索順位や閲覧数、訪問数、アクセス経路、来訪時の検索キーワードを確認して、コンテンツを更新していきます。そのため、検索流入量やブランディングのポイントを考えた、コンテンツ記事制作をする体制が重要になります。

・コンテンツSEOのメリット

コンテンツSEOを実施するメリットは、大きく3つあります。

ユーザーに何度も訪問してもらえる高信頼のサイトイメージ

継続的なお客様との単純接触効果

自社サイトで情報を告知しているイメージ

流入があるたびに継続的な費用がかからない

ランクブレインやアルゴリズム、コンテンツといったSEOの知識を教わっているイメージ

自社のサイトへ来訪する窓口が増える

・継続的なお客様との単純接触効果

1つ目は、24時間365日お客様の疑問に答えることができる、継続的なお客様との単純接触効果です。お客様(検索ユーザー)に何度も自社サイトをみてもらったり、有益な情報を提供することで、よく見る会社だと思ってもらえたり、有益な情報を提供している会社として信頼を得ることができます。

・流入があるたびに継続的な費用がかからない

2つ目は、リスティング広告などと比較して、流入があるたびに継続的な費用がかからないことです。上位表示ができたコンテンツは、多くの方にみてもらうことができます。ここでお知らせしたい情報を告知できたりすることは、大きなメリットです。

・自社のサイトへ来訪する窓口が増える

3つ目は、自社のサイトへ来訪する窓口が増えることです。1つのコンテンツで上位表示できるキーワード数はあまり多くありませんが、特定のキーワードでの上位表示を狙ったコンテンツを複数用意することができるため、多くのキーワードで自社サイトを上位表示させることができます。

・コンテンツSEOの方法

コンテンツSEOの目的は、前述のように、便利なコンテンツを作ることで、検索による閲覧数または訪問数を増やすことです。そのためには、以下の条件を満たす必要があります。

・検索ユーザーが求める有益な情報コンテンツを作成する

検索キーワードをただ盛り込んだだけでは意味がありません。重要なのは、検索ユーザーにとって本当に価値のある情報なのかどうかです。

・情報量が豊富なコンテンツを作成する

コンテンツSEOでは、情報量が多く、キーワードが意味する範囲の話題をしっかりカバーしている、質の良いコンテンツを数多く作成することが求められます。

・継続的にコンテンツの情報が更新されていて最新の状態を保っている

コンテンツ内で新しい情報についての知見も掲載されている必要があるなど、他のサイトにあって、自サイトに情報がないというような状態を作らないことも大切です。長期的な視点でしっかりとコンテンツの更新を行うことで、コンテンツSEOの効果が発揮されます。

・オリジナルのコンテンツである

他のサイトから引用したり、コピーしたりした内容をそのまま掲載すると、低品質・コピーコンテンツとみなされてしまい、逆に評価が下がってしまい、順位にも悪影響を与えます。

1次情報といわれる、そのお店や会社が実際に経験したことや、他の人の参考になるような情報が、品質の良い情報として評価されやすいため、役立つ情報を盛り込みましょう。

コンテンツSEOが選ばれる理由とは

コンテンツSEOに取り組む企業は年々増えています。
数ある対策の中で、コンテンツSEOが選ばれている理由をご紹介します。

・継続的な集客になる

リスティングのように出稿している間だけの集客ではなく、作成したコンテンツで上位表示できた各キーワードで、継続的に問い合わせの機会を得ることができます。

・サイト運営者の信頼に繋がる

コンテンツSEOではユーザーが求めている情報を提供する形で、質の高いコンテンツを作成します。結果として具体的な情報や、便利な解決方法を提供するサイトになるため、ユーザーの評価も高くなり、結果としてそのサイト運営者の信頼に繋がります。

お腹のモニターにコンテンツSEOと書かれたロボットのイメージ

・ページの追加によってサイトドメイン全体の評価が良くなる

現在のGoogle検索エンジンのアルゴリズムでは、ドメイン内のページ数が少ないサイトは評価を得ることが難しくなっています。品質の良いコンテンツを作成して、ページ数を増加させることで、対策しているホームページのドメイン全体の評価が改善します。

・コンテンツSEOとSNSでの拡散を組み合わせてより効果的に

コンテンツSEOはSEO対策に効果的であるだけでなく、SNSとの相性も良いです。SNSは爆発的に普及が進み、企業でもSNSを使ったマーケティングが増えてきています。コンテンツSEOで作成した、質の良いコンテンツは、SNSでの評価も高くなります。また、高品質なまとめ情報として投稿されると拡散されるケースもあり、より多くの人にサイトを見てもらうことができます。

実際の事例をもとにコンテンツSEOの基本を解説

以下は、当社が作成したテストケースのSEOコンテンツ事例です。
こちらをもとにコンテンツSEOの基本についてご説明いたします。

渋谷のおすすめSEO業者一覧(http://r.goope.jp/shibuya-seo/free/seo-gyosha

・検索ユーザーのニーズをコンテンツページ上でそれぞれ満たし、解決しているかどうかについて

「渋谷 SEO」で検索している方の目的は、以下のようにそれぞれの方が独自のニーズを持っていると考えられます。

  • 渋谷のSEO会社の情報を探している
  • 品質の良い会社を探している
  • 地理的に渋谷から距離の近い会社を探している
  • 予算に合う会社を探している
  • 最終的に連絡を取ってサービスを受けたい

この場合に、検索結果上位のサイトに、各検索ユーザーの参考となる情報がなかったり、店舗の場所やアクセス方法がわからなかったり、実際にかかる費用及び目安がわからなかったり、問い合わせ先がわからなかったりなど、目的の情報が掲載されていない場合や、それぞれのお店の情報が個別に、バラバラに掲載されていたりするとサイトに訪れたユーザーは不便さを感じます。こうした検索ユーザーの求める情報が、1つのページに集約されていると、コンテンツ上で検索ユーザーのニーズに応えることができていて、便利なページとして使っていただくことができます。これがコンテンツSEO対策にとって大切なことです。

1つのページに店舗の場所や費用、問い合わせ先などが集約されているイメージ

そこで、このコンテンツSEOの事例のページでは、それぞれのニーズに応えるために、以下のような情報を工夫して掲載しています。

  • 渋谷のSEOの会社の情報を掲載
  • 品質についての言及がある会社を掲載
  • 渋谷から近い会社を掲載
  • おおよその予算を掲載
  • 連絡先を掲載

このコンテンツSEOの事例を参考にして、自社の場合はどのようなニーズに応えられるかを検討して、ユーザーニーズに応えるコンテンツを作成してみましょう。

・コンテンツSEOとは

つまり、コンテンツSEOとは、コンテンツの中で、検索されているキーワードに対して「多くの人が必要としている情報を幅広くカバーしているかどうか」「調べていることにシンプルに的確に答えているか」「わかりやすいか」「入手方法が明確かどうか」「よくまとまっているか」「図・表・動画などを使い、閲覧者が理解しやすいよう補助をしているかどうか」「検索エンジンが理解しやすく作られていて、検索者の手元に届きやすいか」など、利用者の事をよく考えてコンテンツが制作されていることが大切です。

コンテンツSEOのやり方

コンテンツSEOのやり方について、手順を解説します。

ステップ1.自社の商品・サービスについて、ユーザーが興味を持っているポイントを調べます   

コンテンツSEOでは、ユーザーが探していることが便利にコンテンツ上にまとまっていることが重要です。

自社のサービス、例えば「コンテンツSEO」をPRしたいとして、ユーザーは「コンテンツSEO」のどこに興味を持っているのかを知ることが大切です。

これを知るには、GoogleアナリティクスやGoogleSearchConsole(サーチコンソール)、ヒートマップなどのホームページ分析ができるツールを使用して、以下を調べます。

  • よく閲覧されているページ(Googleアナリティクスで確認できる、閲覧数の多いページ。人気コンテンツ)
  • ページ内のどこが良く見られているのか(ヒートマップで確認できる、ページ内で知りたい重要な箇所はどこかの特定)
  • よく探されているキーワードとその現状の結果(サーチコンソールを使って閲覧できる検索結果に表示されているキーワードの表示回数と、表示されている順位)
  • どの経路からの問い合わせが多いか(問合せのコンバージョン(成果の)分析ができるように設定を行う)

これらを把握することで、いまホームぺージに来てくれているユーザーが何に興味を持っているのか、データをもとにして傾向をつかむことができるようになります。もちろん、既に強みとして認識していることを使用することもおすすめです。

例えば、「コンテンツSEO」というキーワードを対策するのであれば、そのやり方の解説をしてほしいことが、ユーザーが興味を持っている関心事であれば、コンテンツSEOのやり方を解説するコンテンツをつくることが、ユーザーニーズに応えるコンテンツということになります。

そのほかにも、コンテンツSEOの価格やコツ、ノウハウ、書き方の事例、コンテンツSEOのサービスを提供している会社の一覧、また、コンテンツSEOを実施してくれる会社なのか、連絡先はどこなのかといったユーザーにとって、探しにくくて切実でわかりやすくまとまっていてほしい情報ほど、コンテンツに記載する価値が高いと考えられます。

ステップ2.ユーザーニーズの傾向を把握したら、対策するキーワードを決定します。

コンテンツSEOを行う上で、自社の商品、サービスにとって優先的に対策するべきキーワードは、検索結果での表示回数が多く、検索結果での表示順位が10位付近にあり、1ページ目の表示が惜しくもできておらず、しかしながら検索結果からのクリック率が比較的高い(サイト上で提供している情報と、ユーザーのニーズがマッチしている)キーワードを選びます。

こうしたキーワードは、自社の強みとなりうる内容なのに、ユーザーが検索で探すことができていないという、もったいない状態にあることが多いです。

まずはこうしたキーワードを対策して検索結果上位表示すると、集客につながり、更に他の強みとなりうる集客につながったキーワードのアクセスログが残ります。

こうして他のユーザーニーズとなりうるキーワードをアクセスログデータとして蓄積していきます。これは次の解析と改善に使用します。

ステップ3.求められているポイントをコンテンツ化します。

調査の結果、複数のポイントがある場合は、このステップ表記のように、小段落・見出しを作って解説を行います。一つ一つの段落・見出しは簡潔に、わかりやすく伝わるように工夫をして記載します、図表や動画など使うと効果的です。

また、一つのコンテンツでは一つのテーマに絞って記載します。こうすることでコンテンツのわかりやすさが向上し、キーワードに対する答えが書かれているページとして検索者に評価されやすくなります。

複数のテーマになってしまうときは、ページを分けましょう。

ステップ4.コンテンツを自社サイトへ掲載します

作成したコンテンツを自社サイトへ掲載します。掲載箇所は、検索エンジン側で認識しやすいように、トップページか、トップページからリンクをしているページが良いでしょう。

また、メリットだけではなく、デメリットがある場合は、メリットもデメリットも両方記載するようにして、信用を損なわない内容にしましょう。

ステップ5.サーチコンソールから、クロール申請を行います

Googleのサーチコンソールから、コンテンツを更新したページのクロール申請を行います。クロール申請を行うことで、以前のサイト評価がクロール後のサイト評価にアップデート(更新)されます。

早い時は即日反映されますが、念のため、評価が安定するまで、2週間〜3週間程度様子を見ましょう。

ステップ6.再度アクセス解析を行います

コンテンツSEOを行った後、順位や表示されているキーワード、また流入につながっているキーワードが変化しているはずです。再度ステップ1と同様にホームページ分析を行い、順位やアクセス数が改善しているかを確認しましょう。

ユーザーニーズにマッチしていてしっかり詳細に応えることができている場合、順位の改善につながっていると思います。

また、順位が下がっている場合や変化がない場合は、ユーザーのニーズに応えることができていないか、そのキーワードに対する関心の広さに対して、十分に応えるべき範囲の話題をしっかりカバーできていない可能性があります。

広い範囲の話題を扱っているキーワードに対策を行う場合は、同じキーワードで検索結果上位のサイトとコンテンツ内容を比較して、過不足がないか、自らのサイトのほうがカバー範囲が広く詳細にユーザーニーズに応えているか見直しをかけてみましょう。

ステップ7.次のコンテンツSEO対策へ

一つのテーマでコンテンツSEOが成功したら、終わりではありません。次のニーズをしっかりとらえ、検索ユーザーにより良い解説、アドバイス、知見、利便性をもたらすコンテンツを次々に作っていきましょう

次はより広い範囲でコンテンツSEOを継続していくことで、より多くのユーザーに閲覧してもらう機会を創出していきましょう。

コンテンツSEOでは、このステップを繰り返していくのが賢いやり方です。

・コンテンツSEOに取り組みましょう

SEO対策の方法は様々ですが、その中でもコンテンツSEOは、有益なコンテンツを作成し長期的な視点で取り組むものです。だからこそ、継続的な集客や企業の信頼度アップに繋がります。SEO対策は、集客数・訪問数を増やすために重要ですので、効果的なSEO対策に取り組むことをおすすめします。

もし自社で取り組むことが難しい場合は、SEO対策の会社に依頼することも一つの方法です。

・コンテンツSEOを提供している会社とその費用

会社名 GMOソリューションパートナー株式会社
サービス名 Find-A(ファインドエー)
内容 ユーザーニーズに応えるコンテンツを制作するコンテンツSEOサービス
価格 提案中心価格 月額6万円~
住所 東京都渋谷区渋谷桜丘町26-1 セルリアンタワー6F
電話番号 03-5428-6621
参考URL https://find-a.jp/
会社名 株式会社PLAN-B
サービス名 コンテンツライティングサービス
内容 コンテンツ企画設計、コンテンツライティング、コンテンツ流通
価格 提案中心価格 月額50万円~
住所 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー 33階
電話番号 03-5114-7888
参考URL https://www.plan-b.co.jp/
会社名 アイオイクス株式会社
サービス名 コンテンツマーケティング
内容 集客力を上げる質の高いコンテンツ制作
価格 提案中心価格 月額40万円~50万円
住所 東京都渋谷区恵比寿3-46-3
電話番号 03-6408-2870
参考URL https://www.ioix.com/
会社名 株式会社ビエナセレクション
サービス名 SEO対策事業
内容 内部対策による上位表示サービス
価格 提案中心価格 内部対策10万円~
住所 東京都渋谷区神宮前1-10-34-906
電話番号 03-6869-3222
参考URL https://www.biena-select.com/

こちらのページへの掲載希望。その他お問い合わせにつきましては以下のリンク先お問い合わせフォームよりお願いいたします。
お問い合わせはこちら