コンテンツSEOとは:目的と重要性・メリットと実施方法

SEO

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

コンテンツSEOという言葉の意味

コンテンツSEOとは、便利で良質なコンテンツを作成したり、既存コンテンツをより便利で良質なものに修正することで、検索結果の上位に対象ページを表示させるための施策や手法のことです。

コンテンツSEOでは、基本的に、検索結果上位にふさわしい良質なコンテンツを作ることが対策の中心となります。

コンテンツSEOの目的

コンテンツSEOの目的は、コンテンツの作成・修正によって、検索結果の上位にコンテンツを表示し、アクセス数の向上やサイト・会社・商品の認知度向上、あるいは商品の販売やブランディングにおいて、他社よりも有利なポジションを獲得することです。

コンテンツSEOの重要性

コンテンツSEOは大変重要です。もし他のサイトが検索結果上位のポジションを確保している場合を考えてみましょう。

検索ユーザーの多くは自分のサイトではなく、検索結果上位の、他のサイトを閲覧して購入をしたり、情報を得たりします

これによって、検索結果上位のサイトは、以下のようなビジネス上のアドバンテージを得ることができます。

・掲載してある商品が他社より有利に販売可能

・掲載してある情報で、他社より有利に宣伝可能

・会員登録を促進して、他社より有利に囲い込み

つまり、コンテンツSEOは営利活動をするすべての団体・企業にとって、大変重要な施策となります。

コンテンツSEOのメリット

コンテンツSEOの大きなメリットは、その他の集客手法・広告と比較して経済的且つ効率的であることです。

・興味深いコンテンツを用意することで、「ユーザーの興味を喚起」できる。

・「自ら探す」という購入意欲・利用意欲が高いタッチポイントでアプローチできる。

・広告のように都度高額な費用がかからない集客手段を持てる。

・ホームページであるため「24時間365日案内したり、問い合わせの受け皿を兼ねる」ことができる。

・コンテンツをためていくことで、各種検索ニーズに合わせたタッチポイントを増やせる。

・コンテンツをSNSなどで共有し、フォロワーに閲覧や拡散をしてもらうことができる。(複利)

コンテンツSEOのデメリット(注意する点)

コンテンツSEOのデメリットにはどのようなものがあるでしょうか。

正しいコンテンツSEOには、あまりデメリットはありませんが、強いて挙げるなら以下のような点に注意しましょう。

・コンテンツ作りには時間、労力とノウハウが必要

・検索意図が変化した場合にメンテナンスが必要

・ユーザーと自サイトのエンゲージにつながるようなコンテンツ作りの工夫が必要

・売上に対する即効性を出すためには、高い専門性が必要

・キーワードに対するユーザーの明確なゴールがサイト内に用意されていないと、効果が出にくい

コンテンツSEOの実施方法・ノウハウ

コンテンツSEOのやり方・事例

コンテンツSEOではライティングスキルやマーケティング知識、ちょっとしたSEOのコツが求められます。

コンテンツSEOのやり方

コンテンツSEOの実施手順です。

  • 対策するキーワードの検索意図を調査します
  • 検索意図に対する十分応える情報をカバーしたページ構成(ページのフレームワーク)を決定します
  • 構成に沿って、「閲覧者にとって役立つオリジナルの情報を含んだ」コンテンツを作成します
  • Google品質評価者ガイドラインに沿って、ニーズに十分に応える内容かどうかをチェックします
  • 問題がなければ、コンテンツを公開します
  • 新しいURLの場合、サーチコンソールからURLのクロール申請を行います
  • 順位の変動を待ち、今回行ったコンテンツSEOの結果を確認します

コンテンツSEOの事例・インタビュー

コンテンツSEOの事例・インタビューは、こちらからご紹介しております。

コンテンツSEOの種類ごとの違い

コンテンツSEOには以下のような種類があります。

コンテンツの新規作成

主に、対策があまりされていなかったり、人気のコンテンツが不足している場合や、新しいキーワードを対策する際に新規コンテンツを作成します。

コンテンツのリライト

主に、すでに対策するキーワードでそれなりに検索結果上位に表示され、評価されているページがある場合、そのページに余分な情報を整理し削除したり、不足している情報を追加することで更に検索結果の順位を高めるための対策です。リライトは既にそれなりの評価を得てる場合が多いため、さらなる上位へ表示をさせるには、高度な知識と技術、SEOスキルを必要とします。

低品質コンテンツの削除

主に、間違った対策や、情報量が少なくリライトをする方が大変なコンテンツが存在する場合、サイトやページの評価に悪影響を及ぼしている場合があります。そうし場合に限定して、低品質コンテンツを削除することで、検索結果順位の評価が改善する場合があります。

コンテンツ記事の長さ

コンテンツSEOの記事は長いほうがいいなどと言われることがありますが、これは対策するキーワードによります

特に決まった定義やルールがあるわけではありませんが、対策する検索キーワードの検索意図で求められている範囲を全て、スマートに表現したときの文字数が、適切な記事の長さと考えられます。

コンテンツSEOの費用

SEOコンテンツの外注

SEOコンテンツを外注するときの費用は、外注先によってさまざまです。

▼外注費用の例

課金方式 平均単価 種類の説明 メリット・デメリット
記事単価 1記事:5,000円~10万円 1記事あたりいくら、という方式 メリットは、1記事いくらで分かりやすいのですが、初心者と熟練者、専門分野の記事を書ける人などで価格の幅が大きい外注方法です。デメリットとしては、テーマによっては文字数のギャップが大きく、記事品質が良くても、文字量にばらつきがあり、公平性をはかることが難しい場合があります。
文字単価 1文字:0.5円~10円 1文字あたりいくら、という方式 メリットは、1文字いくらで公平性があり、わかりやすいことです。熟練者になるほど単価が高く、品質が高くなります。間にディレクターが入り審査されて文字単価が上がっていく方式が多いため、文字単価と品質のバランスが良いと考えられます。デメリットとしては、文字を増やすための記述が含まれている場合があります。
サイト単価 1サイト:10万円~1000万円 1サイトあたりいくら、という方式 メリットは、サービス提供社のサービス企画内容しだいですが、サイト完成までの単価が明確です。デメリットとしては、サイト制作といってもどこまでのことをするのかが異なるため、どこまでができてどういったことができないのか、については各社の技術レベルをはかる方法を持たない場合、把握が難しいことです。
個別見積もり なし 個別に条件と価格を相談し見積もりをする方式 メリットは、「何をどこまでやるからいくら」という事が明確なことです。デメリットは「なにをどこまでやるのかを決める打合せ」に時間がかかる場合があることです。

SEOコンテンツを内製する

SEOコンテンツを自分の組織・団体・会社で制作する場合は、話が簡単です。

▼内製費用の例

・何をいつまでに、いくらで作り、どこまでの成果を出すのかを決めます。

・予算に合うようにメンバーとスケジュール、成果物を決め、コンテンツを内製します。

・目標に達するかどうか、チェックをしながら、改善サイクルを回します。

この場合の費用は自組織の報酬を目安にすることができます。

コンテンツSEOのツール

コンテンツSEOツール

コンテンツSEOに活用できるツールがあります。

SEO対策度のチェックツール「高評価」

高評価は、コンテンツ中でキーワードが適切に使われているか、重要箇所に使われているかなど、コンテンツSEOが適切になされているかどうかを点数化します。

無料のコンテンツSEOチェックツールです。

コンテンツSEOの効果を測定する

コンテンツSEOは効果を測定するツールを使うと、効果をはかりやすいです。

クラウド型の順位チェックツール「GMO順位チェッカー」

GMO順位チェッカーは、登録したキーワードとURLが何位かを毎日チェックしてくれるツールです。

競合サイトと同じキーワードで順位を比較して、タイトルや説明文をCSVで出力し、上位サイトとの違いを比較・発見しやすくします。

最大10,000キーワードまでチェックできるプランがあります。

コンテンツSEOを提供している会社

コンテンツSEO提供会社

コンテンツSEOを提供している会社をこちらのページでご紹介しております。

コンテンツSEOの会社を、会社名、強み、事業内容やサービスについて、ご紹介しております。

コンテンツSEOの求人

コンテンツSEOの求人

コンテンツSEOにご興味がある方向けに、コンテンツSEOの求人を掲載しています。

営業経験者 東京

営業未経験者 東京

営業経験者 大阪

営業未経験者 大阪

Webライター 沖縄

Web制作 沖縄