お客様インタビュー

株式会社ミライLABO

「2050年の日本を元気にする」をミッションに

お客様:株式会社ミライLABO 様

ホームページ:https://www.mirailabo-kids.com/

事業概要:保育事業

渋谷で、0歳から未就学児向けの保育所、小学生以上のお子様向けの学童など、保育事業を行う「株式会社ミライLABO」様

マーケティングを専門の会社に任せて経営に集中できるようにし、良いサービスにしたいという想いからGMOソリューションパートナーの「Find-A」をご契約いただきました。

代表の白井 智子 様に事業の概要と、Find-A導入後の効果についてインタビューさせていただきました。

掲載先のお客様に対してお問い合わせが入る事象が発生しております。
お客様への直接のご連絡はご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

御社の事業内容・特徴をお聞かせください。

当社は「2050年の日本を元気にする」をミッションとして掲げております。
具体的な取り組みとして「0歳から未就学児向けの認可外保育所の運営」、「小学生以上のお子様に向けた学童、アフタースクールの授業」を行っています。
今回Find-Aには、当社のサービスの中で一番力を入れている『保育所』のホームページでお世話になりました。

保育所は認可外保育施設として、平日週5回の利用ができます。保育の特徴としては、いろいろな習い事ができる様にしておりますので、曜日ごとの習い事をお預け頂いている間に受けられる様にしております。

御社のような保育事業では、どのような経路からお問い合わせがありますか?

当社のお問い合わせが多い窓口は、断トツでホームページからです。
理由は、「自分の子供の命を預ける」となった時に“隈無く調べたい”など保護者の心理が働くという、保育事業特有のものです。

育児をされている保護者の方向けにサイト運営で注意している事があれば教えてください。

大切なお子様を預ける前に隈なく確認しておきたいとお考えになる方が多いので、一般的なホームページよりも滞在時間はすごく長いです。そのような理由もあって、ホームページの中身をしっかりと構築すれば、お客様に対してちゃんとアプローチできると考えていました。例えば、他のお母さんのレビューの部分はよく見られるところなので、そこもきちんと伝えられるように意識しています。

アクセス解析を見ると、お客様のアクティブな時間帯が夜中の2時〜3時であったり、いわゆるF1・F2と呼ばれる層とは全く違った動きをしています。例えば朝5時とか夜中1時、2時など「子供が寝て家事を終えて、ようやく携帯を見る事ができる時間」に予約が入ることもあり、一般的な20代女性のセオリーに当てはまりません。そのためFacebookへの投稿時間もセオリー通りではなく、夜9時などお客様が見やすい時間帯に投稿しています。そういったこともあって、投稿してからのユーザー様からのリアクションも早いです。
また、「自分が仕事をすることで子供を一日中泣かせてしまうのではないだろうか」といった悩み、「自分が遊びに行く為に子供を預けるなんて…」という気持ちをお持ちのお母さん達も少なくりません。そのため、投稿する内容についても「託児所に預ける事は、決して悪い事では無い」「保育所にお任せいただく方が、お子様にとってこんなに良い事なんですよ」といった事を、しっかり伝えるよう意識しております。

私自身も子供をもつ母親なので「等身大のお母さんとして身近な存在ですよ」という事を伝えるようにしています。先生として上から目線で物を言ったりとか、不安を煽る教育者にはならないように慎重に進めています。

Find-Aご契約前、WEBプロモーションでどのような取り組みをしていましたか?また、失敗した経験などがございましたら教えていただけますか?

独自で取り組んでいたことで、失敗というほどではありませんが、「販路の拡大につながると考えてSNSに注力していた時期は、お問い合わせまで繋げられずトラップにはまってしまっていた」と考えています。

例えば、私個人のブログPV数は、だいたい1記事3,000pvほどあるのですが、それがサービスの利用に繋がるかというとそうではなく、「なかなか数字に結びつかない」という印象がありました。

Find-Aを導入後の順位・お問い合わせ件数や内容などの変化、また今後の事業展開を教えてください。

スポット利用の託児依頼だけでも導入前と導入後では売上が約6倍になりました。お問い合わせ件数でいうともっと多くなっていて、導入前は月に5~6件しか来ないという状況だったのですが、今は安定して月に約70件ほどお問い合わせを頂いております。スポット利用のサービスは当社の主軸では無かったのですが、それがここまで変化したので「主軸にしてもいいのかな~」と思ったりもしました。

今後の事業展開として、4月に小学生向けの学童を始めました。
小学生になってもココに通いたい、と思っている子供たちの受け入れ先として成り立つようになりたいと思っておりますし、顧客サイクルを途切れさせないようにしたいと考えております。

Find-A導入の決め手は何ですか?Find-Aのどういったところに期待されましたでしょうか?

今までアプローチできていないユーザーへ向けての情報発信ができることに期待しました。また、営業の方からお話を頂いた時、私自身の目標であった「渋谷 託児所」の検索キーワードで1位を獲ることに対して営業担当の方からも「一緒に渋谷区で1位を目指しましょう」という言葉があり、目的が一致したと感じたことが決め手でした。

担当者(又はサポート)の対応はいかがでしょうか?

営業担当の方がご挨拶に来てくれた際に、守秘義務の許す範囲内ではありますが成功例などはシェアさせて頂きたい、と仰って下さったので「本当に(中小企業を)育てようとしているんだなぁ」と感じました。
制作担当のディレクターさんもこちらの要望に対してちゃんと向き合ってくれたのと、こちらがお伝えしていないことも調べてくれたりと、こちらが求めた以上の対応をしてくださったり、納得がいくまで何度も向き合ってくださったので、本当に感謝しています。

Find-A導入を希望されている方へ一言お願いします。

価格的なところで言うのであれば、Find-Aは他社さんと比べると非常に良心的だと思います。

保育事業の特性上、お金をかけて利用者を集められるだけ集めればいいというものではありません。最初は自力でできるのではと考えていましたが、私自身は経営者ですのでマーケティングに専念する時間がありません。そういった理由も含めて、認可外の保育所のようにサービスに必要な人件費以外をかけられない事業としては「自社でマーケティング担当を抱えるよりも、それを専門的に行っている会社へお任せした方が安心できる」と考えています。

GMOソリューションパートナーさんには、自社のマーケティング担当のように遠慮なく仕事をお願いできました。『この金額で得られるもの』と考えたときに、導入した方が良い!と思ったのと、自社の従業員を育てていくコストとFind-Aを比べるとFind-Aのコストパフォーマンスは良いと感じます。


 

上位表示キーワード実績 ※一部抜粋

対策キーワード 順位
渋谷 託児所 1
渋谷 託児所 一時保育 1
渋谷 託児所 一時預かり 1
渋谷 託児所 習い事 1
渋谷 託児所 おすすめ 1
渋谷 託児所 安心 1
渋谷 プリスクール 5
渋谷 プリスクール 価格 2
渋谷 プリスクール 習い事 1
渋谷 プリスクール 人気 8
渋谷 プリスクール プログラム 8
渋谷 プリスクール 一時預かり 2
公式Facebook